ワンニャンPARADAISE

犬・猫についての
ご紹介サイトです

contents
home
犬特集
犬の選び方
犬の食事と栄養素
犬の種類1
犬の種類2

 

ワン・ニャン パラダイス

犬の食事と必要な栄養素

ドッグフードの知識

ドッグフードの知識紹介ページです。ドックフードは大きく分類すると、「総合栄養食」、「間食」、「目的食」の3つに分類されます。
人間に必要な栄養素は、「タンパク質」「脂肪」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」の5大栄養素ですが、実はペットも同じなんです。
タンパク質は筋肉・骨・皮膚・被毛など体のあらゆる部分を作り生命を維持するために欠かせない栄養素です。脂肪は細胞膜やホルモンを作るために必要で、また最も高いエネルギー源となります。また繊維質が多いものは、便通をスムーズにしてくれます。
ビタミンA、B1、B2、B6、Dなどや、丈夫な歯や骨を保つミネラルは体内では作ることができないため、食べものからの摂取が欠かせません。ペットフードにも健康志向が高まっているなか、栄養バランスだけでなく、原材料や味にもこだわりたいというニーズが増えています。最近の代表的なフードとして『国産野菜を使用』『安心の無添加ドッグフード』などとうたわれている物が多く見受けられます。

総合栄養食
主要な食事となるフードです。基本的にはこのフードで必要な栄養が摂れます。
間食
しつけのご褒美やおやつとして作られたフードです。たくさん種類があります。必要な栄養素はこれだけでは補えません。
しかし、ご褒美におやつを与えることは、ワンちゃんと飼い主さんとの間に信頼関係を築くために不可欠です。ワンちゃんの食事の安全にこだわる飼い主さんには無添加の手作りおやつをオススメします!

目的食
目的に応じた栄養の補給のために作られたフードです。パッケージに「栄養補完食」、「副食」などの表記がされています。

フードの分類

ドライフード
水分10%程度以下のフードのこと。水分含有量が最も少なく、保存性に優れています。
ソフトドライフード
水分25〜35%位の加熱発泡処理フードのこと。ドライフードとウエットタイプの中間。半生タイプです。水分保持のために保湿剤が添加されています。
セミモイストタイプ
水分25〜35%位の発泡していないフードのことです。水分含有量が多い半生タイプ。水分保持のために保湿剤が添加されています。
ウエットタイプ
水分75%位のフードのことです。もっとも水分含有量が多く、加熱殺菌されています。開封後の保存性は低いです。

犬に必要な栄養素必須5大要素

健康に成長するには、必要な栄養素をバランスよく摂取する必要があります。5大要素は、タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルです。

タンパク質

タンパク質は筋肉や骨格、内蔵、血液、骨などをつくる最も重要な栄養素です。アミノ酸は20種類あり、そのうち10種類は必須アミノ酸と呼ばれ、食事から摂取する必要があります。不足すると成長不良や体重の減少、免疫力の低下につながります。
タンパク質を過剰に摂り過ぎると腎臓などの疾患になることもあります。

脂肪

脂肪の主成分は脂肪酸です。体温を調節したりビタミンを運ぶ役目があります。脂肪に含まれる必須脂肪酸は必ず食事から摂取しなければいけません。不足すると成長障害や皮膚のトラブルになることもあります。
逆に摂取し過ぎると心臓疾患や肥満の原因にもなるので必ず適量を守るようにしましょう

炭水化物

エネルギー源となる栄養素で、糖質と繊維質で構成されています。 与える際は、じゃがいもやさつまいものような穀類を消化しやすいように調理してあげます。 糖質が不足すると低血糖、繊維質が不足すると便秘などの原因になります。 摂り過ぎると肥満や糖尿病になります。繊維質の摂り過ぎは下痢や消化機能の低下などの心配があります。

ビタミン

ビタミンは、水溶性と脂溶性の2タイプに分類され、栄養の吸収のサポートをします。 不足すると、食欲不振、成長不良、免疫力の低下の原因になります。 摂り過ぎると肝臓障害を起こす恐れがあるのでビタミンはバランスよく摂取することを心掛けましょう。

ミネラル

骨や歯の構成や体液のバランスを整えたり、生体機能をサポートします。 不足すると食欲不振や貧血、体力の低下になります。 摂取し過ぎると結石や肝炎の心配があります。

recommend

TEんWA

2019/1/31 更新

Copyright (C) ワン・ニヤン paradise All Rights Reserved.